コンバットプロテインパウダー  COMBAT タイムリリース型プロテインを比較とレビュー

コンバットプロテインアイテム

タイムリリース型のプロテインならば、頻繁に何回もプロテインを飲むことなく、プロテインの補給ができる。

面倒くさガリーなオレには100%ホエイプロテインよりも使い勝手が良い。

という事で、COMBATプロテインパウダーの1杯あたりの金額などを他のプロテインと比較してレビューする。

スポンサーリンク

COMBATコンバットプロテインパウダー チョコレートミルク味

米軍の鬼軍曹が毎日飲んでいそうな名前のプロテインだが、こいつがそーとー優秀なプロテインだ。

買ったのは4LBS(ポンド)の物で64oz(オンス)、1814g入りのもの。

値段は5,209円で、大体5,300円ってことにしよう。

2kg弱入っていて、この金額なので意外と安い感じはする。が、他のプロテインと比較してみないとよく判らないので比べて見た。

栄養成分

コンバットプロテインパウダーに付属しているカップ1スクープ(杯)あたりの栄養をまとめた。

栄養
カロリー 130kcal
総脂質 1.5g
飽和脂肪酸 1g
コレステロール 46mg
ナトリウム 150mg
カリウム 270mg
総炭水化物 5g
食物繊維 1g
砂糖 2g
タンパク質 25g

このたんぱく質25gの中に吸収の早さが違うプロテインが5種入っている。種類は以下。

  • WPH
  • WPI
  • WPC
  • Egg Albumin
  • Micellar Casein

3種類の有名プロテインとの比較

比べたのは

  • コンバット プロテインパウダーチョコレートミルク(タイムリリース型)
  • ザバス ホエイプロテイン100 ココア味
  • ゴールドスタンダード 100%ホエイ ダブルリッチチョコレート 
  • ビーレジェンド 激うまチョコ風味

の4つの銘柄

安くてお買い得!って言われるものや誰でも知ってる有名なのを比較対象にした。

表にしてみたので、見てね。

銘柄 COMBATプロテインパウダー ザバスプロテイン100 ゴールドスタンダード ビーレジェンド ウマチョコ
コスト/プロテイン1g 4.0円 4.4円 2.9円 4.4円
1杯の量 34.9g 21g 30.4g 29g
プロテイン量/1杯 25g 15g 24g 20.7g
プロテイン含有率 71% 71% 79% 71%
コスト/杯 100円 66円 90円 91円
何杯分? 52杯 120杯 74杯 34杯
全量 1814g 2520g 2270g 1000g
値段 5,209円 8,000円 6,650円 3,100円
  • 2019.12.13調べ

見かけ上、1杯あたりのコストはザバスが1番低い。が! プロテイン量も少ないという事がわかる。

という事で、本当に見てもらいたいのはプロテイン1gあたりの金額

一番安いのはゴールドスタンダードのチョコ味

プロテイン含有量が高く1杯当たりの値段も安い

実はゴールドスタンダードのプロテインはいつも常備している。

ホエイプロテイン飲みたいんだよ!というヤツには、かなりお買い得なプロテインだ。迷ったら買っとくべし。迷わなくてもゲットしとくと良いよ。

それでだ

プロテイン1gあたりの値段はゴールドスタンダードの次にコンバットのプロテインパウダーが安い。

けっこう安めでしょ?

この表で比べた他のプロテインはホエイプロテインで、ホエイ100%の物はタイムリリース型ではない

じゃなんで、こんな表を出した?

って思うかもしれないが、「コンバットのプロテインはお買い得と言われるプロテインと比較しても高くないよ」という事が言いたいのだ。

コンバットワルクナイ

タイムリリース型プロテインの中だけでスペック比較

コンバットプロテインスプーン

でも

タイムリリース型同士で比較しないと意味無いじゃん!?

って声も聞こえてきそうなので、タイムリリース型だけで比較した表もつくった。

比べたのは

  • コンバットプロテインパウダー チョコレートミルク
  • シンサ6 チョコレートミルクシェイク
  • フェーズ8プロテイン ミルクチョコレート

の3銘柄。もちろん全部タイムリリース型のプロテインだ。

銘柄 COMBATチョコミルク シンサ6チョコミルク フェーズ8 ミルクチョコ
コスト/プロテイン1g 4.0円 5.45円 6.0円
1杯の量 34.9g 47g 42g
プロテイン量/1杯 25g 22g 26g
プロテイン含有率 71% 47% 62%
コスト/杯 100円 120円 156円
何杯分の量か 52杯 48杯 49杯
全量 1814g 2268g 2.090g
値段 5,209円 5800円 7648円
  • 2019.12.13調べ

コンバットがコスト的に最強

上の表のから、コンバットのプロテインが優れている点は

  • プロテイン1gあたりの金額が一番安い
  • プロテイン含有率が1番高い
  • 1杯あたりのコストが1番安い
  • 全体の量は少ないくせに、杯数が多い

まぁ、要するに味が嫌じゃなければ、どう考えてもパフォーマンスが一番高い

プロテイン最安値は…値段はかなり変動する

挙げた3つのタイムリリース型プロテインは全て海外製なので、

値段の変動がけっこうある

しかもiHerbで買うと30%OFF!とかが普通に日常的にやっているので、ガクッと値段が下がっていたりするのだ。

基本はiHerbが最安値だろう。

でもどこでどれを買うか決め打ちしないで、その時に安いヤツを買うっていう手が良いんじゃないかと思うよ。

この記事を書いている時点でフェーズ8は通常金額の3割引きをやっていた。

いつまでかは知らんが…。

ま、とにかく 7,648円が5,353円になる! ということは、その値段で考えると

フェーズ8のプロテイン1グラム当たりのコストは4.19円 ということになるし。

コンバットプロテインパウダーとほとんど遜色ないくらいに安くなる。

と言ってもコンバットのプロテインの方が安いけどね。

コンバットのチョコレートミルク味はおいしいのか?

味はもうね、スゴク普通(笑)!

非常にスタンダードな感じがする、オレ的には(スタンダードってなんだ)。

クセがなくて飲みやすい感じするけど、ホエイプロテイン100%の物とかに比べると、あんまりおいしくはないのかもしれないなぁ。

でも、もう飲みなれてしまって味は正直どうでもよい(オイ!)。

それでも決してマズくないから、「買って損した~」なんて事にはならないんじゃないかな?

そもそもプロテインでメチャクチャ美味しい!なんて無いでしょ?!

溶けやすいの?

プロテイン含有率が高いからか(71%)、他のタイムリリース型のプロテインパウダーに比べて

溶けづらい印象

よくシャカシャカして飲んだ方が良いと思う。冷たい牛乳、豆乳よりも常温の水の方が溶ける。

もしくは水半分、牛乳半分とかに溶かすのが良いかもしれない。

つぶつぶが残っても、まぁそういうもんだと思って楽しむのもアリ。

オレなんかわざとあんまり振らないで、溶けてない状態のジャリっとした食感も楽しめるまでになったよ!(どうでもよい)

タイムリリース型プロテインをすすめる理由

そもそも

ホエイ100%のプロテインでなく、わざわざタイムリリース型のプロテインをすすめる理由は

プロテインなんて頻繁に飲んでる時間ないよ!

というのが主な理由。みんなそんなにヒマじゃないよね?

だいたいさ、アスリートでも無いのに3時間おきにプロテインなんて飲んでらんないでしょ?

3時間おきに会社でシェイカーをシャカシャカしてゴクゴクする勇気がオレには無いんだけど。

どんだけマッチョになりてーんだよ!仕事しろ!

って上司に怒られちゃうでしょ?

大丈夫なの?普通は?どう?

ま、とにかくタイムリリース型なら

6~8時間くらいプロテイン補給しなくても大丈夫だよ!

っていうプロテインなのですごく便利。

仕事行ってる間は飲まなくて大丈夫なプロテインがあれば、仕事にも集中できるしね。

忙しいヤツはコレでないと時間をムダにする。

プロテインの味はホントに好みが分かれる

プロテインの味の評価ほど、他人を信用できないものはない!

とオレは思っている。

チョ~美味しい!」みたいなレビューに、いったい何度ダマされてきたかわからない(全く気にしてないけど)。

が、あえてオレの味の好みを書いてしまおう。タイムリリース形のプロテインの中では

シンサ6のストロベリーミルクセーキが1番おススメ!

結局これが減るペースが一番早くて、その次がコンバットのチョコ味かな。

某有名サイトでシンサ6は「ドロドロしてる」ってアホな事を書かれていたんだが、

水分増やせよ(笑)!

そもそもシンサ6は一杯の粉の分量が多いんだから、水分も増やさなきゃだめでしょ?

みんなはそういうアホな事をしないようによろしく。

値段はiHerbで買うのが1番安いと思う(¥5,800くらい)ので、買う時はこのリンクからぜひどうぞ。

オレも少し得するし、よかったら(/ω\)。

という事で、最後はコンバットの話しで無くなってしまったが(笑)、

以上 コンバットプロテインパウダー チョコレートミルク タイムリリース型プロテインを比較とレビュー という話しでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました